一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

高ボッチ高原

長野県塩尻市にある「高ボッチ高原」。

その山頂は、日本一のシャッターポイントとして紹介されていますが、まさに絶景です。

空気の澄んだ日には、富士山、諏訪湖が同時に見られ、もう最高な景観です。

そんな、絶景を見るべく、多くの人が訪れます。

カメラマンさんも多く訪れることで有名ですね。

また、日本でも有数の花火大会の諏訪湖花火大会もここから眺めることができ、当日はものすごい人が集まります。

今年、私も花火大会当日の朝、行きましたが、テントを張っている人までいました。(禁止だった気もしますが・・・。)

そして、高原では草競馬も開催されているようですね。

以前、ここで会った方に聞きました。

そんな、高ボッチ高原。まさに大自然って感じの高原です。

高原へ行くルートは2つあり、一つは岡谷市の国道20号を走ると高ボッチ高原の案内板がありますので、その通りに曲がると・・・いきなり細い登り坂になります(笑)

結構細いです。その坂道をひたすら9キロほど登ると高原へ着きます。

もう一つは、松本市の崖ノ湯口からのルートです。

県道63号から、崖ノ湯交差点へ向かい、交差点を山側へ向かって登って行くと、高ボッチへの案内板があります。そこから、およそ6キロで高原へ到着します。

正直、こちらの道は分かりにくいです。

ですので、国道20号から行くルートがおすすめです。(2017年11月12日現在通行止めでした)

 

そんな高ボッチ高原へ。これまで、長野県へ訪れる度にってくらい行っていますが、毎回、霧のため、富士山には巡り合えていません。その数5回・・・(笑)今度こそは!とと、天気もチェックし、冬季通行止めになる前に行けるラストチャンスかな?(天気との兼ね合いと仕事の兼ね合いもあるので・・)と意気込んで向かいます。夜明け狙いです。が、若干寝坊し、急いで向かいます(笑)

国道20号の高ボッチへの入り口付近への到着は午前5時少し過ぎたくらい。

日の出は6時20分くらいなので、これならなんとかギリギリ間に合うなと一安心したのも束の間、高ボッチスカイラインへ入ろうとした瞬間、崖崩れにより通行止め・・・

おいおい、嘘だろ。もう、絶望でした。今日こそはと思ったのに・・・。

通行止めの看板には崖ノ湯口から向かってくださいとのこと。

しかし、私は崖ノ湯口からは向かった事がありません。

何処なのかも分かりません。

取りあえず、少し行ったところで脇道に入り、車を停め調べます。

その間、他県ナンバーの車が数台、右往左往しています。

多分、私と同じ状態なのでしょう・・・。

とにかく、崖ノ湯口交差点へ向かえばいいのかと急いで向かいます。

ナビ通りに進んで行くと、道路に高ボッチへの案内板が出ています。

ラッキー!と思い、進んで行くと、なんとか、高ボッチ入り口へたどり着きました。

しかし、もう空は明るいです。急いで向かい、高原へ到着した時は6時くらいでした。

外は、霧氷で木々など、一面真っ白。ものすごくキレイです。

そして、すごい車の数。うわ~、やはり、日曜で天気の良くて、空気が澄んでるこの時期はすごい人が来るのだなと思い、車を降り、急いで山頂へ向かいます。

山頂へは400m。徒歩で5~10分くらいでしょうか。

到着すると、やはりすごい人。そして、見えます!富士山!もう、感動でした。

夜は明けていて、灯りは無いものの、雲海と諏訪湖と富士山。感動でした。

まだ、日は登っていないので、急いでカメラを準備し、撮影。

霧がうっすらかかっていて、キレイには見えないものの、初めてこの景色を写真に収めることができ、嬉しかったです。

と、ここまで必死になっていたのであまり感じませんでしたが、少し気持ちが落ち着いたところで、ものすごい事に気が付きました。そう、めちゃめちゃ寒いんです(笑)

周りの撮影しているひとのカメラや三脚は霜で真っ白。

寒いのは分かっていましたが、完全になめてました。

ジーンズにN3B、インナーはシャツのみ、素手。もうバカでしたね。

手は動かなくなってくるし、身体は寒いし・・・。近くの人からは、

「素手、大丈夫ですか?」

なんて聞かれ、強がって、

「大丈夫ですよ!」

と答えますが、全然大丈夫じゃないです(笑)

その言葉を聞いて、周りを見ると、私の見る限り、たくさん人がいるのに素手は私だけでした(笑)

しかし、撮影をやめるわけにはいかないので、もう根性でしたね。

1時間弱撮影して、限界感じたので車に戻りました・・・。

 

f:id:dove5665:20171114235703j:plain

 

こちらは霧氷です。すごく幻想的ですね。キレイです。

 

 

f:id:dove5665:20171114234121j:plain

 

焼けた富士山と雲海。よくネットで見る高ボッチの写真の素晴らしさにはかないませんが、感動でした。

 

f:id:dove5665:20171114234247j:plain

 

でも、これはこれで、いいじゃん。って自分に言い聞かせてます。

どうしても、富士山と諏訪湖の景色を撮りたかったので。

 

 

通行止めがなければ、夜が明ける瞬間から撮れたかな・・・。寝坊がなければ、夜が明ける瞬間から撮れたかなって思うと悔やまれます。寝坊は自分が悪いのですが・・・(笑)

あと、防寒対策の重要性をものすごく痛感しました。無知ということは恐ろしい。ですが、何事も経験ですね。

そりゃ、30分ほど置いていただけで私の三脚も白くなるくらいですからね・・・。

その後、しばらく小指がずっと痛かったです。凍傷寸前だったのでしょうか・・・。

ちなみに、初夏にも行きましたが、想像以上に寒いですよ!

行かれる方は防寒対策忘れずに!

通行止めチェックもしましょう(笑)

 

いつも、高ボッチにはなかなか縁がないですが、今回は初富士山、嬉しかったです。

次こそは夜景と富士山を!