一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

龍潭寺(浜松市)

かなりのご無沙汰で、久々のブログ更新です(笑)

昨年末から多忙につき、写真撮影が出来ない状況でしたが、また少しずつできたらなって思ってます。

前の様に頻繁には出来ませんが・・・

 

龍潭寺、りょうたんじと読みます。

静岡県浜松市北区にあります。国道257号を走っていれば看板が出ています。

かの有名な女城主、井伊直虎ゆかりのお寺です。

昨年、大河ドラマにもなりましたね。

このお寺は、とても歴史のあるお寺で、寺伝では奈良時代行基菩薩開創となっているようです。千年以上前ですね。想像もつきません。

24代の井伊直政は徳川家康に仕え、関ケ原の合戦後、彦根に移ったのですが、そこが彦根龍潭寺だそうです。

井伊直政はもう有名な戦国大名ですね。

この井伊直政を後見人として養育したのが、井伊直虎だそうです。

 

このお寺は頻繁ではないですが、年間に数回行事があります。

1月には大般若祈祷、2月はねはん会、3月は彼岸会、4月は花祭り、8月に孟蘭盆会、9月ににも彼岸会、そして12月に除夜の鐘です。

 

そしてそして、この龍潭寺の見どころはなんと言ってもその美しい庭園。

1年を通じて、様々な表情を見せる庭園です。

1月~3月上旬・・・梅、椿、さざんか

3月~3月中旬・・・白蓮、木蓮

3月下旬~4月中旬・・・桜、八重桜

4月上旬・・・ドウダン

4月~4月下旬・・・ツツジ、藤

5月~6月上旬・・・さつき

5月上旬~9月中旬・・・スイレン

5月下旬~6月・・・沙羅

6月上旬~7月・・・あじさい

7月~8月・・・百日紅

7月中旬~8月・・・ハス、のうぜんかずら

8月・・・やぶらん

9月下旬~10月・・・きんもくせい、萩

10月中旬~11月・・・秋明菊、つわぶき

11月中旬~12月上旬・・・紅葉

12月上旬~・・・千両、クロガネもち

 

いつ行っても見ごたえありそうですよね。

 

そんな、龍潭寺へ行ってきました。

駐車場へ着くと美しいツツジがたくさん咲いています。

駐車場は無料で結構広いです。(お寺ではなく売店側の駐車場です)

車を停め、お寺へ向かいます。

まず、お寺へ行くと藤が咲いていました。

その瞬間、素晴らしい庭があることが素人の私にもわかるくらいでした。

 

せっかくなので、お寺の中にも入ります。入場料は大人500円です。

靴を脱いで、靴はビニール袋があるのでそちらに入れて持ち運びます。

まず、小さな売店があり、絵葉書なんかが売ってありました。

今人気?の御朱印も出来るようです。

少し進むと広々とした本堂から庭が眺められます。

キレイに整えられた庭はうっとりしてしまいます。

さらに進むと、いくつかのお堂があり様々なものが祀ってあります。

とても見ごたえがあります。

歴史を堪能できます。

途中、龍潭寺の説明が(テープかな?)流れていて、たくさんの方が庭を眺めながら聞き入っていました。

やはり、井伊直虎のものがたくさんありましたね。

 

 

f:id:dove5665:20180424001726j:plain

 

本堂からの庭。とても美しいです。丸くぽこぽこした感じがまた可愛らしいですね。

 

f:id:dove5665:20180424001832j:plain

 

お堂の途中で。緑の美しさと建物(何と呼ぶかわからない・・・)をセットで。こういうのは滅多に撮らないので新鮮です。

 

f:id:dove5665:20180424002002j:plain

 

こちらは、庭を眺めながら説明が流れていた場所です。たくさんの人が座って説明を聞いていました。とても癒しの空間です。

 

お寺へ行って撮影をして来るのは初めてでしたが、美しい庭園にとても感動しました。

自然の中で撮影がメインの私ですが、たまにはこういう所もいいですね。

庭園風景もまた撮りに行きたいです。

もちろん、龍潭寺も機会があればまた是非行きたいですね。別の時期に。

ちなみに、浜松市のイメージキャラクターの直虎ちゃんグッズも駐車場に隣接している売店で買えます。とてもかわいいので、私は買いました(笑)