一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

奥入瀬渓流

こちらも青森県十和田市にある、もう有名観光スポット奥入瀬渓流。

蔦温泉からはすごく近くにあります。

焼山から子ノ口まで約14kmにおよぶ渓流。

様々な水の流れ、数々の滝など自然の作った美しさを味わうことができます。

遊歩道があり、こちらも気軽にトレッキングが楽しめます。

距離があるので、途中8か所ほどバス停もあり、好きなところまで楽しんであとはバスで戻ることが出来るのでうれしいですね。

青森県内でも人気観光スポットになりますので、特に紅葉シーズンはとても多くの観光客でにぎわいます。

交通規制もかかったりするくらいみたいですね。

 

蔦七沼を後にして休憩した後、いざ奥入瀬渓流へ。

まず、問題は車を何処に停めるか。

下調べでは、石ケ戸に停めるのがいいとありましたが、きっと停めるスペースもそうないだろうなと予想。

子ノ口から、下流へ向かって歩くのが一番と思い子ノ口に停めようと思いました。

取りあえず、焼山から上流に向かって車を走らせます。この道、すごく感動しました。紅葉で彩られた木々が両サイドにあり、彩られたトンネルをくぐっているかのよう。これは素晴らしい。

そして石ケ戸に着きましたが、案の定、ほぼ満車状態。ここはスルーして、子ノ口へ。余裕で車を停めることができました。

 

そして、遊歩道入り口から、奥入瀬渓流を楽しみます。

車で来るときは素晴らしかったのですが、近くで単体で見ると意外とたくさん葉も落ちたりしていてちょっと残念でした。でも美しいことには変わりありませんので、渓流の流れを紅葉に交えて撮ろうとふと思ったのですが、実は私、渓流は撮るの初めてでした(笑)自然メインに撮ってるのに渓流は初めてとは自分でも驚きました(笑)

取りあえず、なんでも勉強なのでガンガン撮ります。

途中、滝や、面白い流れの場所なんかがあって様々な写真が撮れるのですが、観光客がとても多いので、撮影は本当に他の人の邪魔にならないように気を遣います。

あと、滝にもたくさん名前が付けられていますが、これにも名前つける?っていうような小さな滝にも名前が付いていました。特別な何かがあるのでしょうかね?

 

予定では、子ノ口から、石ケ戸まで歩いて、そこでバスに乗って子ノ口へ戻る予定にしていましたが、何せ途中たくさん撮り過ぎて、時間があっという間に過ぎていました。

完全に時間の計算を誤っていましたね。

そして、雲井のバス停という所でバスに乗ろうか悩んだあげく、もう一つ下のバス停まで行こうと思い向かいますが、そこで雨がパラパラと・・・。やばい、傘持ってきてない。しかも、よく考えたら、バスの待ち時間がどれくらいかわからないことを考慮すると、やはりここで戻ったほうが無難だなと思い、まださほど下っていなかったので、雲井のバス停へ戻ります。そしてバス停に到着する寸前にバスが一台発車していきました。まさか・・・。そう、その時丁度バスが来ていたのですね(笑)

時刻表を見ると次のバスまでおよそ1時間。

う~ん、と思っていたら、そこのバス停のすぐ近くに雲井の滝という滝があるので、そこで写真を撮って時間をつぶしました。

結局その後は雨も降らずでしたが、時間的なことを考慮すると仕方なかったかなって思いました。

もっと時間にゆとりを持つべきだったなと後悔しました(笑)

 

f:id:dove5665:20171023005150j:plain

 

まずは、最初に撮った一枚。流れの雰囲気を出したかったのですが・・・。

倒れた木々が増えたり減ったりでまた違う流れも楽しめるのでしょうね。

 

f:id:dove5665:20171023005323j:plain

 

こちらは、木に口の様なところがあったので面白くてついつい撮ってしまいました(笑)

なんだか可愛らしくもありますね(笑)

 

f:id:dove5665:20171023005429j:plain

 

奥に見えるのが銚子大滝という滝なのですが、遊歩道から撮るといたって普通の幅が広くて落差の小さい滝っていう写真になってしまいますので、ちょっと奥に滝っていう感じにしてみました(笑)

 

f:id:dove5665:20171023005747j:plain

 

こちらは九段の滝という滝なのですが、葉っぱがもう少しキレイだったらなと思いました。色付いた葉と滝、良い組み合わせですよね。私は好きですね。

 

f:id:dove5665:20171023005930j:plain

 

たまたま、何となく撮ったらなんだかおもしろい感じの流れだなと感じた場所でした。

真ん中あたりのくぼんでいるところがなんとなく好きです(笑)

 

f:id:dove5665:20171023010118j:plain

 

2つの全く違う木を入れるのは面白いかな?と思いました。そして、奥に少しだけ滝が見えるのもいいかなと思いまして・・・。

この滝は確か、不老の滝・・・。だったような。滝が多すぎて覚えられません(笑)違っていたらすみません。

 

f:id:dove5665:20171023010749j:plain

 

この写真、葉が大きくブレていますよね。結構風が吹いていましたので、当然このように大きくブレるのですが、これを抑えようとすると、当然この流れは表現出来なくなります。どっちを取るかですよね。流れを見せたいのか、それとも葉の美しさを見せたいのか、はたまたどっちも中途半端にするのか(笑)

それとも諦めるか・・・(笑)

 

f:id:dove5665:20171023011147j:plain

 

そしてこちらが、バス待ちの時間に撮った雲井の滝。

流れの勢いがあまりないのか、しぶきは、ほとんどかかりませんでした。

 

 

有名観光スポットというのもうなずける奥入瀬渓流。

紅葉もキレイですし、距離も長く、遊歩道も渓流にちゃんと沿って作ってあるので、とても楽しみやすくていいですね。

全て歩こうと思えば、14kmなので、結構時間を要しますが、気持ちの良いひと時を過ごせると思います。