一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

小渋峡

長野県上伊那郡にある「小渋峡」。紅葉の季節は色付いた山々と小渋湖の景観が美しく、10月には小渋もみじ祭りも開催されているようです。

近くには、温泉、キャンプ場もあり、旅に来るにも良さそうですね。

国道153号線から、途中、県道59号線へ入り、ひたすら走ると小渋峡はあります。

 

紅葉が見頃だったので、小渋峡へ訪れました。

岡谷方面から、153号線をひたすら南下したのですが、地味に遠い(笑)

途中、県道18号線へ入ったり、153号線へ戻ったり・・・(笑)

しかし、この道中、とても素敵な景観がたくさんあり、癒されました。

自然あふれる場所が多々あるのです。

そして、駒ケ根市のとある場所では、田舎風景の中、おじいさん、おばあさんが4~5人、写生をしているのです。

その光景を写真に収めたいくらいでした。

今から思えば、お願いすればよかったです・・・。

中川村葛島区ではイチョウが見事な彩りを見せており、とても美しかったです。

たくさんの人で賑わっていましたよ。

そんなほのぼのした雰囲気もあり、気分よく小渋峡へ到着。

小渋湖周辺を車で走れるのですが、確かに紅葉していますし、キレイなのですが、何か物足りない。というか、私は正直、あまり、おお~とは思えませんでしたね。

多分、私の感覚では、ちょっと人工的過ぎるのでしょうか。

こういう景色はもっと自然に近い方が好みというか・・・。

あくまで私の感覚ですが(笑)

途中工事中箇所が多々あったり、したりしていたので余計そう感じたのでしょう。

でも、小渋湖の大きさはすごいですね。

とても大きくて、そこに紅葉があるのは見事です。

車で、小渋湖に沿って走行出来るので、走ると途中、車を停められるスペースがいくつかあったので、そういった場所で車を停めては撮影。の繰り返しでした。

何名か、一眼レフで撮影している方も見かけました。

 

そして、橋の上から釣りをしている人もいました。

私もその橋の上から撮影をしていましたので、その釣り人に、

「何が釣れるのですか?」

と訪ねたら、

「ワカサギです」

とのことでした。

ワカサギ釣りに来る方も結構みえるようですね。

 

そして、小渋湖周辺を回り、ぐるっと1周は出来ないので、県道22号線へ入り、国道153号線へ向かいます。

ここで、かなりびっくりしました。

とても悪路です(笑)

というか、急な登り坂な上、道幅がものすごく狭いです。

これは、嫌な道だな・・・と思いながら走ります。

対向車が来たら、すれ違いは出来ないでしょう。(所々若干広くなってる箇所はありますが・・・)

幸い、対向車も来ず、何とか抜けることができましたが、多分、みなさんこの道の狭さを知っているので通らないのでしょう(笑)

 

f:id:dove5665:20171115234258j:plain

 

小渋湖と四徳大橋。紅葉と相まっていい感じですね。

でもありきたりなパターンの写真でしょうか?(笑)

 

f:id:dove5665:20171115234559j:plain

 

こちらは、入り組んだ感じと影があり、明暗差が面白いかなと思い撮影しました。

色付き感はすごくいいですね!水面の色がもっとキレイならもっといいのに・・・。

 

f:id:dove5665:20171115234735j:plain

 

こちらは、ワカサギ釣りをしていた人がいた橋の上から。

水面付近にある、白くなった木?あれは何なんでしょう?

雪でもないのに、あのような色は何故なのでしょう?

謎です。

 

小渋峡。紅葉の色付きはキレイでしたよ。

でも、写真を本気で撮りに来る!というよりは、紅葉の景色を眺めながらドライブっていう感じの方が良い場所かななんて私は思いました。

ただ、県道22号線の国道153号線へ向かう道はドライブって感じじゃないですが・・・(笑)