一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

白神山地 十二湖 メインは青池

青森県西部の世界遺産、白神山地にある十二湖。

大小合わせて33もの池や湖があり、様々な散策ルートでその池や湖を見て周ることが出来ます。中でも、「青池」はあまりにも有名で、その青さは他の池では見る事が出来ないほど神秘的な色をしています。この青池を見るためだけに訪れる方も数多くみえます。十二湖散策のツアーもあり、観光客にも人気スポットです。

国道101号線を走っていると十二湖の看板がありますので、そこを曲がり県道280号に入ります。上り坂を2~3キロほどだったと思いますが、上ると右手に日本キャニオンへの入り口(駐車場)左手に八景の池が見えます。ここからさらに進むと、道沿いにいくつもの湖がみられます。

 

私も当然、青池目的でこちらに来ました。ちゃんと下調べをしていなかったため最初、日本キャニオンの入り口駐車場へ車を停め、日本キャニオンへの遊歩道へ行きました。

そう、この遊歩道を進めば十二湖が見られると思ったのです(笑)

だって、案内板に日本キャニオンと十二湖めぐりの道って書いてあったのですもん(笑)

とんだ勘違いでしたね(笑)途中、看板に日本キャニオン展望台と書いてあるのを見て、あっ、これ違うなと思い引き返しました(笑)

そして、すぐ近くにある八景の池で写真を数枚撮り、車で上へ向かいました。

 

するとまず王池が見えてきました。一度駐車場へ車を停め、写真を撮ろうかと思いましたが、良い場所が見当たらなかったため、車に戻り車で上るとちょっとした広い路肩があったので車を停めそこで撮影をしました。

池では釣りをしている人もみえ、こんな広い池で釣りをしたら気持ちいいだろうなと思いながら、ささっと撮影を済ませ、さらに上に上ります。

次は越口ノ池、落口ノ池と見えてきますが、時間的に余裕もなかったので、スルーして更に奥にある青池へ向かいます。鶏頭場の池のあたりで車両進入禁止となります。

えっ?どうやって青池行くのって思ったら、そう、有料駐車場に車を停めて歩いていかなければいけないのですね。そして、ネットで調べるとみなさんが散策の拠点にしているキョロロがある場所です。

料金は普通車で400円。車を駐車場に停めてから、料金所で支払いをするようです。

取りあえず、料金を払いに行くと、料金所に誰もいません。あれ?払わなくていいのかなと思ったら、階段掃除をしているおじさんがみえたので、

「すいません、料金払いたいんですけど」

というと、すぐに応じてくれました。

なんてゆるい感じなんだと思い、支払いを済ませ、機材を準備し、またその料金所の横を通るとおじさんに、

「写真撮りにきたの?」

なんていきなり聞かれたので、

「はい、青池はどちらですか?」

と聞いたら親切に教えてくれました。

そして、歩いて向かうと、まず鶏頭場の池があります。

大きな池で、木々も色付き、なかなかキレイです。

撮影をしていると、観光客の多いこと・・・。

そして、大体の団体にガイドさんが付いています。

一人で撮影している私は浮いて見えたでしょう(笑)

 

そして更に進むと、青池に到着しました。

見た瞬間、なんじゃこりゃ!でしたね。

とにかく青いです。こんな色の池見たことありません。

そして、青いのですが、透き通っているのです。

本当に美しい池ですね。でも、若干不気味さも感じました。

これは、有名スポットにもなるはずです。

そして、ここで、二人組の女性とガイドさんというグループがみえたのですが、ガイドさんが青池について色々説明していたのですが、面白い話をしてみえました。

なんでも、昨年、NHKが撮影に来て、ドローンを飛ばして、木にぶつかって池にドローンが落ちたのだとか・・・。

ダメじゃん・・・(笑)

そんな面白い話を聞きつつ青池を後にします。

 

そして青池にある階段を上りきると、ここでいくつかのルートに分かれます。

他の池を見るルートと、ブナ林へ行くルート。

私は他の池を見たかったのですが、時間的に厳しいと思ったのでブナ林へ向かいました。一番お気軽な散策ルートですね。

この、ブナ林歩くのがまた気持ちいいんですよね。

朝だったから余計でしょう。清々しい気分になります。

そして、ブナ林を抜けると下りになります。その下りをしばらく進むと、「湧壺の池」があります。ここに来た瞬間も、ああ~、きれい・・・。

ここの池も青いのです。青池に比べると青さは薄いですが、青池と違って、周りの木々などの雰囲気が格段にいいです。

ここでは池に見とれて、長居してしましました。

撮影もし、本来なら更に下るのが散策ルートなのですが、私は元来た道を戻りました。

もう一度青池が見たかったのと、下っても車で上ってきた舗装路に出るのは分かっていたのでそれは避けました。

そして、ブナ林でもう一度癒され、青池で撮影をし、車へ戻りました。

料金所横を通った際に、料金所のおじさんに、

「いい写真たくさん撮れた?」

なんてニコニコしながら聞かれましたので、思わず、

「はい」

と答えてしましました(笑)

 

結果はイマイチな写真だったのですが・・・(笑)

時間にしてキョロロから2時間くらいはいたと思います。

撮影無しでブナ林コースでしたら1時間くらいで周れるのではないでしょうか?

 

 

 

f:id:dove5665:20171024003902j:plain

 

こちらは八景の池。池に紅葉。秋を感じさせますね。

 

f:id:dove5665:20171024004535j:plain

 

中央の真っ赤になった紅葉がいいなと思ったので撮りました。

風も穏やかで、水面に映し出される姿がまたいいですよね。

 

f:id:dove5665:20171024004601j:plain

 

こちらは王池。水面がまさに鏡になっています。

波が無い水面が見られると得した気分になれます。

 

f:id:dove5665:20171024004722j:plain

 

お次は鶏頭場の池。枯れ木、もう少し左に寄せるべきでしたかね・・・。

でも左上の葉の面積がこれ以上減るのは・・・。

 

f:id:dove5665:20171024004843j:plain

 

今度はがっつり色々入れてみました(笑)

奥行感が結構好きです。

 

f:id:dove5665:20171024004943j:plain

 

そして青池。色がきちんと表現できない・・・。あの青さを写真で再現できないのが申し訳ないです。悔しいですね。

 

f:id:dove5665:20171024012024j:plain

 

 

青池の全体。真四角で意外とシンプルなんですよね。

池の色を楽しみにくるところですね。その色がとんでもないのですが・・・(笑)

 

f:id:dove5665:20171024005309j:plain

 

そして、ブナ林。このあたりは赤くなっていませんでした。私植物は全然無知なのですが、色付かない種類なんですかね?

 

f:id:dove5665:20171024005421j:plain

 

遊歩道を入れてみます。こんな道を早朝に歩くのですよ!それは気持ちいいはずですよね(笑)

 

f:id:dove5665:20171024005524j:plain

 

こちらが湧壺の池。個人的には青池よりうっとりしてしまいました。

 

f:id:dove5665:20171024012355j:plain

 

何か、昔話とかで出てきそうな池です。ここも、池の色が表現しきれないのが申し訳ない気持ちでいっぱいです。それと同時に自分の腕の無さが悔しい限りです。

 

 

 

以上が今回の十二湖めぐりでしたが、とにかく、悔しい!池の色がきちんと再現できないのが、写真を撮りに行ったのに意味がないです。

ここもいつかリベンジしたいです。

別の池も見てみたいですし。

 

それにしても、ここ、様々なルートで色々楽しめそうなので、本当にまたいつか来たいですね。とても気持ちの良い場所でした。

それまでに、色の再現が出来るように日々訓練ですね(笑)