一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

銚子の滝

岐阜県高山市丹生川町にある滝。銚子の形に似ていることから名付けられたそうです。

以前は滝口に水たまりがあり、今よりも銚子の形に似ていたが、江戸時代頃の洪水により、口元の岩が欠け落ちたらしいです。

そんな、歴史ある滝へ行ってきました。

 

国道158号線を走っていると、大きく看板が出ていますので、そこで曲がり、細い道を進むと、滝の手前で駐車場に着きます。この道、舗装はしてありますが、本当に細いので運転には注意が必要です。

駐車場は数台停められる程度で、こじんまりとしています。

私が行ったときは2台ほど車が停まっていました。

車から降りて、滝に向かうと、すぐに「たきみばし」という橋があります。そこからは銚子の滝はほんのわずかに見える程度です・・・。

何故にたきみばし?と疑問を抱きつつも、そこからの見える、流れのキレイだったので早速撮影。

なかなかいい景色。しかも、この日9月も半ばに入ってきたのに気温30度越えの暑さでしたが、ここはすごく涼しかったです。

アクセスもいいし、夏ににふらっと涼みに来るにはいいなぁ~なんて思いながら、お決まりのスローシャッターで。

 

そして、お次は滝へ。歩いてすぐに着きます。

全く疲れませんのでオススメです(笑)

おお~、なかなかの滝ではないですか。

そして、水しぶきがすごい!

うわ~、ここで撮影は確実にカメラ濡れるな・・・と思いながら、準備して撮影に挑みますが、水しぶきが気になる・・・。カメラが濡れる・・・。

しかも、風が強く、さらに水しぶきがこちらへ(笑)

必殺技のタオルでカメラを覆いました(笑)

やはり、ボタンや、ケーブルの差し込み口あたりは気になりますね。

そう言ってばかりでも撮影できないので、気持ちを切り替え撮影します。

と、滝のすぐ近くまで行ける道発見!

少し下れば、滝つぼまで行けます。

これは、行くしかない!

早速下りていきます・・・が、水しぶきが・・・(笑)

これはすごい。カメラが・・・(笑)

とりあえず、タオルが落ちないようしっかり覆って、撮影に挑みます。

これは、長時間はいられないと思い、手際よく撮影をしていきますが、足場も悪く、三脚の設置が決まらない上に、滑って転びそうになります(笑)

う~ん、カメラが無ければ全然なんともない場所なのに、撮影するということは自由を奪いますね(笑)

で、なんとか撮影し、また上へ逃げます(笑)

機材をみてみると、三脚はベタベタに濡れてます(笑)

レンズフィルターも水滴だらけ(笑)

とりあえず、水分を取ろうとタオルで三脚や、カメラを拭き、フィルターはクロスで拭き取ります。

私の使用しているNDフィルターは撥水コーティングがしてあるのですぐにキレイになりました!

滝撮影をする人にはおすすめですよ!

そして、今度は滝の横へ。

おお、全体は見渡せないけど、なかなか面白い絵が撮れる!と思い、数枚撮影。

そして、これで銚子の滝は後にしました。

 

f:id:dove5665:20170910192657j:plain

 

たきみばしからの撮影。お決まりのショットですね。

水の流れといえばみんなが好きなスローシャッター!

でも、キレイに見えるからやりたくなるんですよね。

 

f:id:dove5665:20170910192855j:plain

 

滝つぼ付近から。本当にここは水しぶきがすごかった。

脇の断崖は、滝の形に沿っているように見えますが、長年の水の力で削られたのでしょうかね?

あっ、カメラ、大丈夫かな?(笑)

 

f:id:dove5665:20170910193108j:plain

 

ラストは横から、ここからのショットはなんか風情あるショットに見えません?

紅葉の時期なんかにはマッチしそうな場所ですね。

 

 

銚子の滝、こちらも派手さがある訳ではありませんが、なかなか迫力のある良い滝ですね。そこそこ知名度はあるかと思いますが、有名過ぎない?感じがまた私好みでもあります(笑)