一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

CARAVAN  トレッキングシューズ C1_02S

 

今回は、撮影には直接関係することは無い物の紹介ですが、撮影に行くのにとても重要な物を紹介しますね。それは靴です。スタジオ撮影や、街中スナップとかでしたら、全然気にすることはないのですが、私は自然の中での撮影が多いため、当然、足場が悪かったり、そこそこ長時間歩くこともありますので、靴が非常に重要になってきます。

そこで選んだのがCARAVANの「C1_02S」。

日本の登山靴メーカーの王道ですね。

今回は、そんなトレッキングシューズについて書いていきますね。

 

 

 

仕様、外観

重さは26.0cmで590g。私は26.5cmを購入したのでもう少し重いかな?

カラーは全4色で、カラーバリエーションがあるのはいいですね。

そしてなんと言ってもゴアテックス仕様!

このゴアテックスとは、高い防水性を誇りつつ、靴の中の湿気は外に出してくれるという素晴らしい仕様なのです。

アウトドア用品にはかなり使用されている物が多いみたいですね。

あとは、ソールが張り替え可能ですので、メンテナンス性も高いですね。

 

f:id:dove5665:20171030235816j:plain

 

私はグレーを購入しました。落ち着いた雰囲気でいいですね。靴紐を掛けるところが金属なのも、私的には安心感があります。

見た目も悪くないと私は思っています。

 

f:id:dove5665:20171031001010j:plain

 

こちらはソールですね。キャラバントレックソールというものを使用しています。

いいですね、見るからに悪路を歩きましょうって感じがします(笑)

 

f:id:dove5665:20171031001143j:plain

 

ゴアテックスのプレートが付いています。これがあるだけで、ちょっと普通の靴じゃないんだなって気分になれます(笑)

 

f:id:dove5665:20171031001253j:plain

 

後ろから。こやって見ると、結構靴自体に厚みがあるように見えますね。クッション性が高いからなのでしょうか・・・。

 

f:id:dove5665:20171031001426j:plain

 

サイズ調整用のインソールも付いてきました。多分、私は使用しないでしょう・・・(笑)

 

きっかけ

 これはもう、今まで散々な目に合ってきましたので、購入せざるを得ない感じでしたね(笑)

以前ブログにも書きましたが、21世紀の森の蕪山コースで、完全に山を甘く見た装備で登って悲惨な思いをしましたし、大倉の滝の時も転倒してカメラを地面にぶつけるというとんでもない事をしてしましました。ブログを始める少し前にも、長野県の横谷狭という所に行ったのですが、その時ももう散々でした(笑)

私は、基本的に普通の恰好で撮影に行きます。山でも川でも、いつも普通の普段着のような感じですね。長時間歩いたり、余程足場が悪いところでなければさほど苦にならないのですが、先に書いたように過酷な(私にとっては)ところでは、非常に足元が重要になるのがわかりました。まず、普通の靴ですと、すごく疲れやすいんです。

靴自体がふにゃふにゃしているので、足場の悪いところではうまく力が伝わらないんですよね。あと、ぬかるみなんかでもやはり普通の靴だと滑りやすいんです。

それで、当然、足元に非常に神経を使います。これが最大の疲れる原因。足元が安定しないのは本当に疲れます。ひどい時には足はガクガクしてきてまともに歩けません。

ましてや、重い機材に三脚持ってるわけですから、尚更ですよね。

さすがに、このままではやばいと思い購入に至りました。

 

まず、お店で「C1_02S」と更に上位モデルの「GK8X」の両方を履きましたが、もうこれは差が歴然でしたね。確実に「GK8X」の方が登山では威力を発揮すると履いただけで分かりました。Gk8Xは同サイズでもかなりタイトの造りで、更に全体的にC1_02Sより硬く、高さもあります。

価格差は4000~5000円程。迷ったら上の物を買う事が多いのですが、今回はリーズナブルな方を選びました。

理由は、ガッツリ本気で登山をする訳ではないのと、脱ぎ履きのしやすさがC1_02Sの方がしやすいっていうのがありました。登山目的ではないので、そんなに過酷な山に挑戦することは今のところは考えていませんし、逆に、C1_02Sでも充分すぎるかなって思ったくらいでした。そして、価格の安さ。私にとってオーバースペックになるものに余計にお金をかける必要はないですよね。

 

最初のトレッキングシューズですし、まずはこれで様子を見ようと思いました。

 

使ってみて

もう、履いた瞬間戦闘モードですね(笑)よし、行くぜ!って気になります。

まず、靴自体の硬さが全然違います。特にソール。これが硬いということは、足場が悪くてもかなり安定して進む事ができます。

そして、ハイカットなので、足首までしっかりホールドされるので、捻挫なんかのリスクも少なくなりますね。

あとは、やはり濡れた岩場とかでも普通のスニーカーに比べたら滑りにくいですね。当然ですが・・・(笑)

まだ、ガッツリ山に登るような場面では使用していませんが、1~2時間遊歩道を歩くくらいなら全然、必要充分で、まだまだ過酷な道も行けそうです。

軽い登山なら全く問題無さそうです。

靴の重さ自体はもちろん普通のスニーカーに比べたら重いです。

 

まとめ

まだ、雨の日とか濡れるような場面では使っていませんのでゴアテックスの効果はわかりませんが、トータル的にバランスの取れた良い靴だと思います。

そんな、簡単にソールがダメになるような感じもありませんし、しっかり紐を締めて歩くと、その安定感に感動します。

全く初めてこういった靴を履いたので当然でしょうが・・・(笑)

私の好きな、滝巡りや、湖沼巡りで充分に威力を発揮してくれそうです。

転倒してカメラをぶつけたりすることがなくなるといいです(笑)