一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

CANON 望遠ズームレンズ EF70-200 F2.8L IS Ⅱ USM

 多く人が憧れるレンズ。そんなレンズにF2.8通しのズームレンズがありますね。大三元レンズなんて呼ばれたりしてます。そんな大三元レンズの中の一本、EF70-200 F2.8L IS Ⅱ USM

神レンズなんて呼ばれたりしますね。

大きい、重い、高いと三拍子揃ったレンズです(笑)

そんな、レンズについて今回は書いていきます。

 

f:id:dove5665:20170907000449j:plain


 

仕様、外観

70mmから200mmをカバーする望遠ズームレンズ。開放f値は2.8通しで、フィルター径は77mm。絞り羽根は8枚。

最短撮影距離は1.2mと長めですね。望遠レンズなので当然ですか。

こちらも当然、赤ハチマキのLレンズ。ズームレンズで開放F値2.8はもっとも明るいレンズです。

質量は1490g。全長はフードも入れればおよそ300mmほどあります。

とんでもないです(笑)

当然、防塵防滴仕様。

 

f:id:dove5665:20170907000800j:plain

 

まず、存在感抜群です。

 そして、CANONの場合、望遠レンズはボディ色が白いですね。

インナーズームで、ズームリングを回しても、全長が変化しません。

 

 

f:id:dove5665:20170907001252j:plain

 

 

大口径です。前面はほぼレンズでのみですね。フィルター径は77mm。

蛍石レンズ、UDレンズを採用していて、このおかげでとんでもない描写力を誇ります。この辺が神レンズと呼ばれる理由なのではないでしょうか?

本当にすごくシャープで、抜けのいい写真が撮れます。

 

 

f:id:dove5665:20170907002242j:plain

 

切り替えスイッチ多いです(笑)

AFは早く、こちらもさすが純正、さすがLレンズといったところです。

1.2~∞と2.5~∞のスイッチは被写体の距離により切り替えれば、AFの速さが変わります。2.5m以上の物にピントを合わせたい時は2.5~∞にすれば早くピント合わせが可能ですね。

手振れ補正は4段分ととてもいいですね。この長さのズームレンズにはありがたいです。手振れ補正に明るいレンズは暗所の強い味方です。

MODE1と2はMODE1は主に静止した被写体を撮影するときに効果を発揮し、MODE2は流し撮り(電車とか車とかを動いているものに合わせて撮影)に効果を発揮します。私はMODE1しか使ったことありません。

静止した被写体が主ですので。まあ、流し撮りというものをしたことがありません(笑)

切り替え忘れに注意です(笑)

 

 

 f:id:dove5665:20170907004101j:plain

 

三脚座が付いていますね。このレンズの場合、長いので、カメラボディを三脚にセットすると重量バランスが悪くなりますよね。ですから、レンズに三脚座が付いています。

そして、写真中央下側に映っている、丸いつまみを緩めるとレンズ自体を回転させることが出来ます。縦、横構図の切り替えを行う時は三脚の雲台ではなく、こちらを使用します。

これは便利ですね。

 

きっかけ

勢いです(笑)当時持っていたレンズの最高ズームが70mmまでだったので(単焦点で85mm)、たまに物足りなさや、不満を感じていました。

そこで、焦点距離の長いレンズが欲しくなり、ズーム、単焦点色々調べました。

単焦点で焦点距離の長いものは用途がかなり限られると思ったので、70-200を購入しよと思いました。ここで大きな悩みがF4通しかF2.8通しか・・・。

価格、重量などはF4の圧勝。F2.8にする意味は・・・。明るさ?

いやそれよりも描写力の高さに惹かれました。もちろん、F2.8という明るさも魅力です。このズーム域なら、ポートレートなんかでもガンガン使えるので、ボケの効いた写真も撮れる。それはF2.8ならではですよね。(別に単焦点買うのもアリですが)ですから、こちらを選択しました。風景でも、人物でもいける体制をとれる状態にしようと思ったからです。

もちろんこれ一本でなんでもできる訳ではありませんが・・・。

 

購入後

まずは、知り合いに頼んでポートレート。

これはすごい。感動ものでしたね。めちゃくちゃキレイなんです。出てくる絵が。

下手くそな私が撮っても綺麗なので、うまい人が撮ったらまあ、そりゃ別格な写真になるのでしょうね。

風景は元々、広角側がメインでしょって思っていましたが、考え方変わりました。

この焦点距離、すごく使えます。逆に切り取るという意味ではこちらの方が抜群にいい構図を得られます。もちろん状況によりけりですよ。

ですが、目立ちます。

気軽に町中で構えられません(笑)

そして、カメラに装着して、肩からぶら下げたりしてるとすごくバランスが悪いです。

動きにくいです(笑)

そして、疲れます(笑)

最近の使い道

 大きくて重い。そんなデメリット以上に美しい絵が撮れるメリットがあるので、いつもほぼ必ず持ち歩きます。今は、出番が一番多いレンズですね。

EF24-70とEF70-200。この二本があればほぼほぼ、困る事はありません。

 

まとめ

とんでもなく良いレンズです。高額でしたが、後悔はありませんね。

持ち運びや、値段、望遠側がいらないという人には向きませんが、デメリット以上の物は確実に得られると私は思っています。

そして、高級感がありますね。

使っている材質なんかもいいもの使っているのでしょうね。

その分重いというのもあるのでしょうが。

そして、これ構えてると周りの目が気になります(笑)

 

f:id:dove5665:20170907013929j:plain

 

最後に作例です。このレンズのポテンシャルを引き出せるよう努力します(笑)

でも、他のレンズとは一線を画すことは間違いないですね。

本当に良いレンズです。