一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

阿弥陀ケ滝

さらに、21世紀の森からの続きになります。

阿弥陀ヶ滝。岐阜県郡上市白鳥町にある、東海の名瀑と呼ばれる滝のようです。21世紀の森で体力を使い果たして、早く帰って休みたい、と強く思ったのですが、せっかくだからと思い、向かうことにしました。

 

国道156号線沿いから案内が出ており、156号線から県道314号線へ入り、坂をひたすら上ると駐車場に到着します。

こちらも、2年ほど前に一度訪れておりますが、その時よりも、なんかものすごく混雑していて、まともに車を停められそうになかったので、一度引き返して休憩。

そんなに、有名な観光地だったんですね。

午後4時くらいにまた行きましたら、かなりすいていて、一番上の無料駐車場に停められました。無料駐車場は10台くらい停められるようになっていて、そのすぐ下は有料の駐車場があります。

滝に一番近いところが無料で離れたところが有料って・・・。

 

滝までは徒歩で、5~10分くらいで着きます。

道中もきちんとした遊歩道になっていて、

お子様連れでも安心ですね。

知らなかったのですが、ここ、流しそうめんも有名らしく、そうめんの横断幕がかかっていたりしました。そうめんの時期だから混んでいたのかな?

でも、そうめんにはまったく興味がなかったのでとりあえず滝しか頭にはありませんでした(笑)

そして、あっという間に滝に到着。

おお~、久しぶり。相変わらず大きい!

迫力は満天ですね。

さすが、日本の滝百選に選ばれるだけのことはあります。

落差は60mくらいらしいです。

水しぶきがかかるから、少し離れたところで、NDフィルター装着して、準備。

さっそく、撮影開始。

 

でもやっぱり、うまく撮れない・・・。

滝の撮影って私にはすごく難しく感じます。

迫力が出せないんですよね~。

センスないな~と実感しつつ、色々アングル変えてみるけどやっぱり迫力がでない。

さらに、滝の撮影でもう一つ困るのが水しぶき。

いくら、防塵防滴仕様でも、ちょっと気になりますよね。

滝を撮影する人ってどうしているんだろ?

おかまい無しなのかな?

まあ、気にしすぎても仕方ないので、多少の事は気にせず撮影します。

ここ、滝の裏側にも行ける珍しい滝なのですが、前回は行きましたが、今回はカメラが濡れるのにびびって行きませんでした(笑)

でも、裏側行ける滝なんてなかなか無いと思いますので、訪れた際には是非行ってみるといいと思いますよ。カメラを持って行かれる方は濡らさないように!

 

f:id:dove5665:20170829233605j:plain

 

やはり、あまり迫力が伝わらないですね。でも、緑と滝のコラボは私好みです。

美しい。滝ってなんかロマンありません?そう思うのは私だけ?(笑)

日本には色々な滝あるから、たくさん行きたいって思ってます。

 

f:id:dove5665:20170829233845j:plain

 

ちょっと高台から。結構隠れちゃってますが、こういう感じも結構好きです。

やはり、緑が美しいですね。

 

そして、車に戻って、機材を片付けようと思ったら、案の定水しぶきがカメラにも三脚にも・・・

早々にタオルで拭いて、片付けました。

 

ヘトヘトな中、頑張って行って良かったです。

素敵な景色を眺めるのはやっぱり癒されますね。

 

これにて、この日の撮影は終了。自宅に帰り、ぐったりでした。

そして、翌日は激しい筋肉痛でした(笑)