一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

モネの池 

名も無き池、通称モネの池。

モネの絵画に似ていることからこのように呼ばれるようになったみたいですね。

正式名称は無いようです。

 

今はもう全国的に有名ですね。

私が初めて行ったのは2年ほど前でしたね。

岐阜県関市板取の根道神社にあります。

国道256号のもの静かな道沿いにあります。

当時、まともに調べずに行ったので、道に迷いながらなんとかたどりついた記憶があります(笑)

その時はもうひどいものでしたね。

神社から道を挟んで正面に無料駐車場があるのですが、

まず、神社前の道が渋滞、ものすごい台数の車。

そして、おかまい無しにみなさんが車を停めていました。

路上駐車は当たり前、狭いスペースに無理矢理停めてみえる方もいましたね。

当時、私も停めるのに苦労しました。

神社の前を3~4往復くらいはしたような・・・。

 

そんなイメージが強かったので、今でもきっと根強い人気で、混雑するんだろうなと思い、思い切って明け方を狙いました。

日の出が5時20分くらいになっていたので、それに間に合うように出発。

道中、モネの池まで〇kmなんて看板がでていました。

今は、モネの池の案内看板出てるんですね。私が初めて行ったときは無かったような・・・。

もう、観光名所になってますから、当然ですかね。

到着はギリギリでした(笑)

駐車場は狙い通りガラガラ。2~3台くらい停まっている程度。

よしよし、これなら余裕で三脚も立てて撮影が出来る!と思い、池へ。

相変わらずキレイな池でした。

 

カメラと三脚をセットして、取りあえず人がいるところを避けて反対側へ。

水面に人が映りこむ・・・。人がいないところを狙うも、移動してくる・・・。

う~ん。と思いながら、取りあえず人が映り込んでもいいから、試しに撮ってみようと思ったら、あれ?鯉少なくない?ってかほぼいない?

気付くの遅すぎですが(笑)

本当にいるのか探せば普通にいます。

うん、ちゃんといるじゃん。

よし、撮ろうと思うのですが、鯉が動かないから、ポツン、ポツンといるだけ。

しかも、鯉がいるのは非常に構図の悪いところ。色々映り込んだりしててC-PLフィルターじゃ除去しきれないようなところばかり。

(ちなみに、今日、C-PLフィルターをグルグルすごい勢いで回転させてる方がみえましたが、何回転させても効果が出る範囲が決まっていますので意味ないです。最悪壊れるんじゃないかな。ですから、やめましょうね。)

ネットの写真や、私が初めて行ったときはもっと、わーって集まっていて、色とりどりでそれがまた良かったのですが、全くその気配無し。

なんで?元気ないじゃんって思いながらしばらく粘っていたのですが、まあ、動かない。

おいおい、せっかく早く来たのにと思いがっかりしながら粘っていると、若い方と中年の方が話をしていました。

中年の方「朝はまだ水温が低いから鯉もまだ動かないんだよ」

若い方「そうなんですか?」

中年の方「だから写真を撮るのは、#x$~@§Θδ・・・」

 

都合のいい部分だけ私の耳には入ってきました。

そっかーなんて思いつつ、当然か、とも思いました(笑)

池の前に、手書きの張り紙がしてあって、スイレンの花が11時頃に開花して夕方に閉じるのだとか。水温25℃くらいの時に開花するらしいです。

なるほど、この時間帯を狙って来れば、更にキレイに見られるのだなとも思ったのですが、普通に混む時間帯ですよね(笑)

余談ですが、最初に来たときも手書きの張り紙がしてあって、その時は確か、「3日ほど前の大雨の影響で水が濁っております」でした。

手書き好きなのですね。しかも、字がキレイでかわいい感じなんです。

 

それから少し粘りましたが、元気がないままだったので、諦めて神社でお参りしてモネの池は後にしました。その後、21世紀の森公園、阿弥陀ヶ滝へ行くのですが、また次回に書きますね。

 

それでは、本日のモネの池の写真です。

 

f:id:dove5665:20170827212840j:plain

 

鯉がいません。すごく静かです。ちなみに人も3~4人しかいませんでした。

池自体は本当、すごくキレイでした。

 

 

f:id:dove5665:20170827212938j:plain

 

若干見えますが、う~ん(笑)モネの絵画には鯉はいるのか?と思い調べたら、どうもいないように見えました(笑)

でも、やっぱいた方が絵になりますよね。悔しいからリベンジしようかな。

鯉のあまり見えない池を好む方は早朝にいかがでしょうか?(笑)