一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

Velbon Sherpa 535

今回は初めて購入した三脚について書こうと思います。

Velbon Sherpa 535

三脚というものについてたくさん勉強させてもらった、思い出の三脚です。

 

f:id:dove5665:20170823230855j:plain

 

 

 

仕様、外観

 

 2010年発売のシェルパ535。

材質はアルミで、パイプ径26mmの3段。

ゴム石突で、クイックレバー式。

重量は雲台込みで、1940g。

最大積載重量は2.5kg。

初心者には充分なスペックですね。

 

 

f:id:dove5665:20170826004351j:plain

 

ケース付きなのがいいですが、最初のうちしか使いませんでした。

パーン棒をはずさなきゃ収納できないのが非常に面倒でした。

 

f:id:dove5665:20170823224710j:plain

 

クイックレバー式。このクイックレバーが初心者の私には非常に扱い易かったです。

脚の長さを途中で止めたい時はナット式よりレバー式の方が私は好みでしたね。

ちなみに、現在のメイン三脚はナット式です。

 

 

f:id:dove5665:20170823231212j:plain

 

そして、ウレタングリップ。これはもうはずせませんでした。アルミむき出しって・・・。なんかいやでした(笑)

ちなみに、車の中に2~3日入れっぱなしにしていたら、一本だけウレタンが裂けました。それ以来、三脚も必ず車から毎回おろしています。

当然ですよね(笑)

 

 

f:id:dove5665:20170823224943j:plain

 

水準器付きの雲台。この水準器が付いているのも、購入の決め手の一つでしたね。

そしてクイックシュープレートというのをカメラにつけて、この雲台に取り付けるのですが、脱着のしやすさは抜群でしたね。暗いところでもラクラクでした。

パーン棒もグリップ感が良く、いい感じでしたね。

ただ、若干締めた後、動く?かな?

 

f:id:dove5665:20170823225331j:plain

こちらが、クイックシュープレート。これは非常に便利でした。

ただ、ネジを締める工具?(右側の三角形みたいなやつ)を落とす事が多々あり・・・。幸いなくす事は無かったですが。

今は一体型になってますね。

 

f:id:dove5665:20170823225651j:plain

 

一応、このように収納ができるのですが、クイックシューをカメラに付けたまま、三脚から外して持ち運ぶと確実に落下します。

何度も落としました(笑)

 

f:id:dove5665:20170823225842j:plain

 

カメラを取り付けてもいい感じです。40Dならば、大きなレンズを付けなければ充分だと思います。(余程こだわりがなければ)

 

f:id:dove5665:20170823230019j:plain

 

センターポールを外せば、ローアングルだって出来ちゃいます。

お花なんかをマクロで撮ったりするときに良いかもしれませんね。

マクロやるなら、もっといい三脚のほうがいいかな?

 

きっかけ

 夜景は、手持ちではキレイに撮れない事が分かって、明るいレンズ買うお金も無かったので三脚購入しようということで買った三脚です。

どんな物がいいかなんて全く調べず購入しました。

3段とか4段とか、アルミとかカーボンとか全く知りませんでした。今から思うと本当にバカだなと思います(笑)

とりあえず、国産でそこそこの物!そこそこの値段出せばいいだろと思って、2万円くらいで購入したと思いますが、満足していました。

国産なので、スリックかベルボンの2択だったのですが、何となく渋いイメージがあるこちらにしました。

と感覚だけで購入したという恐ろしい買い物でした。

 

 

購入後

実際に、夜のライトアップや、夜景を撮りに行きました。

あとは、つい最近まで使用していたので、フルサイズ機購入後も使用していました。

三脚にあまりお金使いたくなかったのと、そこまで重要視していなかったんですね。

というか、三脚

を使う意味を全く理解していませんでした。

 

最近の使い道

最近、三脚を新規で購入したので、ほぼ出番はないですね。

今メインで使用しているものが、これより大きな物なので、狭い場所での使用や、持ち運びにどうしてもコンパクトなじゃなきゃだめってときに出番があるかな?ってくらいです。

 

まとめ

作り自体はそんなに悪くも無く、ノーメンテでしたが、故障や、動きが悪いといったことも無く、今では充分満足しています。

何も考えずに買った割には、ラッキーな買い物だったのではないでしょうか?(笑)

でも、この三脚で、たくさん勉強もさせてもらったので、これも思い出の三脚ですね。