一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

レンズフィルターについて

色々な人の写真を見ていると、あれ、なんでこんな風に撮れるの?

同じ条件のはずなのに・・・。

って思える事が出てきたりします。

それは単に腕やカメラ、レンズの性能だけではなくでは無く、レンズフィルターって物を使って様々な効果を出していることもあります。

レンズフィルターについて簡単に書いていきますね。

細かく書くと非常に長くなるので(笑)

 

 

レンズフィルターって?

主に、レンズフィルターの目的としては、レンズの前玉を保護する物と、写真に様々な効果をもたらすこと。この2つが使用目的になります。

 

どんなフィルターがあるの?

レンズフィルターはまずは大きく分けて、2種類あって、角型レンズフィルターと丸形レンズフィルター。読んで字のごとく、四角いタイプと丸いタイプですね。

角型は、あまり一般的ではない?ですかね。

普通は、丸型を思い浮かべる人が多いかと思います。

角型は、四角いガラスや樹脂の板で、レンズ口径にあまり制限されず、様々なレンズに使用できるのがメリットですね。手で持って使用したり、専用のアダプターに装着して使用したりします。

一方、丸型は、丸い枠の中にガラスの板が入っているものですね。

枠にネジが切ってあって、レンズ前面にクルクルとネジ込んで装着して使用します。

こちらは、種類が豊富で、様々な効果のフィルターが発売されています。

こちらは、一般的に、レンズ口径に合った大きさの物を使います。

(別の口径に対応できるアダプターも発売されたりしていますが・・・)

 

保護目的としましては、プロテクトフィルター、UVフィルターなんかが代表的ですね。

効果をもたらすフィルターは、NDフィルター、PLフィルター、クロスフィルター、ソフトフィルター、カラーフィルターなどですかね。

 

どんな効果があるの?

・プロテクトフィルター 

前玉へのキズやホコリ、汚れを守る物ですね。撥水加工がされている物もあり水滴が簡単に拭き取れるなんて効果のある物もあります。

 

・UVフィルター 

紫外線をカットするための物です。プロテクターの役割もしますね。

 

・NDフィルター 

減光フィルターとも言って、取り込む光の量を抑える物です。ハーフNDフィルターと言って、半分が減光、半分が透明のフィルターもあります。

 

・C-PLフィルター 

円偏向フィルターとも言って、光の反射をコントロールする物です。デジタルではPLではなく、C-PLを選びましょう。サーキュラーPLってやつですね。

 

・クロスフィルター 

光条を四方や八方に広がらせ、光の描写を印象的にする物です。

 

・ソフトフィルター 

ぼやっとした感じにして、柔らかい印象にする物です。

 

・カラーフィルター 

色温度を変えたり、自分が強調したい色を出したい時に使用する物です。

 

本当に簡単にですが、こんな感じですね。

 

どういう場面で使うの?

ここでは、私が持っている、プロテクトフィルターとNDフィルターとPLフィルターについて書きますね。

プロテクトフィルターは私は基本的には通常はつけっぱなしです。

画質が落ちるとか、様々な意見がありますが、私には画質劣化がわかりませんし、それよりも高価なレンズにキズを付けたりするのが嫌なので、つけっぱなしです。

でも、なるべくコーティングがいい物を購入するようにはしています。

当然、別のフィルターを装着する際は外します。

 

NDフィルターは、スローシャッターにしたい時ですね。ISO感度下げて、思いっきり絞って・・・でも、もっとシャッタースピード落としたい!そんな時に使います。

例えば、代表的なのは、滝の流れる感じを糸の様にしたい時、花火が明るすぎる!そんな時ですね。

ハーフNDフィルターは、半分だけなので、空と、地上や水面なんかの明暗差の大きい時に空だけNDの効果をかけたりします。角型が絶対おすすめです。

 

C-PLフィルターは、風景やるときには欠かせない、青空をより青く撮影したい時や、ショーケースやガラス面、水面の映りこみを抑えたい時ですね。

雨上がりの葉っぱなんかにも効果的ですよ。

ただ、被写体に対する角度によって効きが変わってきますので要注意です。

多少減光効果もあります。

 

まとめ

フィルターと言っても様々あって、高価なものから安価なものまであります。

色々な人の写真を見て、こんな感じを出したいっていう目的を持って購入されるのがいいと思います。

また今度、私の持っているフィルターの詳細をブログにアップしますね。

そんなに種類は持っていませんが(笑)