一眼レフで写真を撮る生活

写真撮影&機材 日々の出来事など気ままに

スポンサーリンク

ダイナランドゆり園

先日、岐阜県郡上市にあるダイナランドゆり園に行ってきました。

ダイナランドとは、冬はスキー場として、夏はゲレンデいっぱいにゆりの花が咲く岐阜県の素敵な場所です。

毎年多くの人が県内外から訪れ、活気あふれるスキー場です。

 

ちなみに私は数年前にボードを引退したので冬にはスキー場へ行きません(笑)

 

そんなダイナランドへ今年も行ってきました。

これで、夏のみ、3年連続3度目の来園です。

目的はもちろんゆりの撮影。

私が訪れた日は、ゆりガール撮影会というものも開催されていました。

浴衣の美女二人を撮影できるというポートレイト撮影が好きな方だったら、嬉しい企画ですね。

ちなみに、ダイナランドゆり園ではフォトコンテストも実施しており、ゆりの花はもちろん、このゆりガールの撮影もして応募すると、ゆりガール賞という賞ももらえる可能性があるのです。

私は過去に一度、このフォトコンに応募したことがあります。当然、落選でした(笑)

せっかくなので、昨年は応募しませんでしたが、今年は応募しようかと思って気合いを入れてきたので本気モードで撮影に臨みました。

 

ちなみに、入園料は1600円で、園内で使える500円の金券が付いてきました。

スマホでクーポンをダウンロードして見せると200円引きになります。

去年までは金券なしで1000円くらいだったのに・・・

金券いらないから安いほうがいいのに、と思いながらお金を払って入場。

 

いつもは7月に来園していましたが、今回は初めて8月の来園。

まず、人が例年より少ない。

8月は見ごろ過ぎてるのかな?でも人少ない方が撮影はしやすいからいいやと思いながら、周りを見ると、おお~結構咲いてるじゃん。いい感じ。

入ってすぐに早速ゆりガール撮影会始まってました。

立派なカメラに立派なレンズを付けた方、(大半がおじさま?)が20~30人くらいかな?必死に撮影しておりました。

おお~、なかなかな光景だなと思いながら、私もコソコソと参加(笑)

ポートレイトなんて普段はほとんどやらないから、なかなか、難しいなと思いつつもひたすらシャッターを切り続けました(笑)

少しづつ移動して、撮影が続くのですが、まあ、場所取りが大変で、私にはこの撮影スタイルは合わないなと思いつつ、せっかくなので頑張って撮影しました。

ある程度撮ったとこで、ゆりガールの休憩?らしく、30分後くらいにゲレンデの頂上で再開ということで、私はゆりの花の撮影へ。

 

色とりどりのゆりがあちらこちらにたくさん咲いていてそれを構図を考えながら撮影。

やっぱ自分にはこの撮影の方が向いてるなと改めて実感しました。

周りにはカップル、親子連れ、ご年配の夫婦やお友達同士。幅広い年齢層の方に受け入れられるこういう場所はいいですよね。

やはり、キレイ景色を眺められる場所っていいですよね。

時々、フラワートレインという列車?がお客様を乗せて園内を走ってきます。

そんな、列車もゆりの花に交えながら撮影。

子供たちはああいう列車とか乗ったら喜ぶんでしょうね。

 

しばらくしたら、頂上付近でゆりガール撮影開始してました。

なんか、あの雰囲気は馴染めない感じがあったけど、せっかくだからもう少し撮ろうと思い、参加。う~ん、やっぱなんか違うな~と思いながら途中で離脱。

ポートレイトいいんだけど、私にはあの雰囲気は合いませんでした(笑)

でも、撮影してみえる方は結構みなさん楽しそうに撮影してみえて、撮影スタイルはやっぱ人それぞれなんだな~と改めて実感しました。

ってことで、私はゆりの撮影へ。

 

f:id:dove5665:20170826010150j:plain

 

ダイナランドと言ったら黄色のゆりが一際目を引きますね。この黄色のゆりに空を絡めるのが私はすごく好きなのです。

 

f:id:dove5665:20170826010203j:plain

 

ピンクやオレンジのゆりも可愛くていいですよね。

それを支える緑がまたいい感じで際立たせてくれてますよね。

 

個人的にゆりはすごく好きな花で、夏になると必ずゆり撮りたい!ってここ数年は思います。今年も撮影が出来て良かったです。

 

最後に帰る前に、金券でゆりソフトを食べました。美味しかったです(笑)

 

一つだけ残念なことが・・・それは日焼けが非常にイタイです(笑)